虎と小鳥のフランス日記のカテゴリ記事一覧

どこにでもいる平凡な主婦penが50歳から始めたフランス語の学習日記+日々の記録。気ままな備忘録です。

カテゴリ:虎と小鳥のフランス日記

サン・ドニ門とコンコルド広場をめぐりチュイルリー庭園へ

「虎と小鳥のフランス日記」「虎と小鳥のフランス日記」 第10話 「ヴェリブでパリを」学習メモに出てくる三つの場所 - サン・ドニ門、コンコルド広場、チュイルリー庭園について少し調べてみました。

Porte Saint-Denis

サン・ドニ門横から

サン・ドニ門
photo credit: Bolt of Blue via photopin cc

サン・ドニ門 10区Rue Saint-DenisとRue du Faubourg Saint-Denis の境目

下町にこつ然と現れるこの門はパリにある五つの凱旋門*のうち、もっとも古く、1673年にルイ14世のドイツでの勝利を記念して作られました。

ルイ14世は、「虎と小鳥のフランス日記」 第9話 「ヴォージュ広場・かくれんぼ」に出てきたルイ13世の息子で、ブルボン朝第3代の王様。

この王様の時代がブルボン朝最盛期で、Roi-Soleil(太陽王)と呼ばれました。「L'État, c'est moi 朕は国家なり」と言ったとヴォルテールが書いています。

門をデザインしたのはフランソワ・ブロンデル(当時の建築学校の学長)。高さ およそ25メートル、アーチの高さ15メートル、幅が25メートル。昔は、両方の門の下のほうに、人が通る場所がありましたが、今は閉じられています。

門のあるあたりは、パキスタンやインドからの移民が多く、昼間は無国籍な雰囲気が楽しい街、しかし、夜は街娼が立つそうですから、ひとり歩きはどきどきしそうな街。

*パリの五つの凱旋門:凱旋門、カルーゼルの凱旋門、サン・ドニ門、サン・マルタン門、新凱旋門

続きでは、コンコルド広場とチュイルリー庭園について書いています。

» 記事の続きを読む

「虎と小鳥のフランス日記」 第11話 「フランスのオリーブ」の学習メモ その2 

「虎と小鳥のフランス日記」 第11話 「フランスのオリーブ」の学習メモ その1の続きです。

オリーブオイル

3週間ぶりに聞いてみたけど、難しさは変わらず。以前より、単語がぽつぽつ拾えるようにはなったかもしれない(気のせいか?)。文単位で意味がとれないのは相変わらず。

続きでは語彙、表現メモ、教材ビデオに出てきた店員さんがしゃべっているお店のビデオを紹介しています。

» 記事の続きを読む

「虎と小鳥のフランス日記」 第11話 「フランスのオリーブ」の学習メモ その1

「虎と小鳥のフランス日記」 第11話 「フランスのオリーブ」を受講した。今回は、ちょっと発話部分が長いので何回かにわけて学習してみます。

オリーブ

オリーブオイル専門店のお兄さんが、早口で怒涛のように、小さな声でしゃべるのです。

続きでは私のディクテノート(真っ赤)の一部をお見せしています。



» 記事の続きを読む

「虎と小鳥のフランス日記」 第78話 「アブサン専門店」の学習メモ

「虎と小鳥のフランス日記」は第78話はフランスにある唯一のアブサン専門店が舞台です。この記事ではわたしのディクテしたノート、語彙メモ、ビデオの感想、サンプルビデオ、アブサンのサーブの仕方などをごらんに入れます。

これは伝統的なアブサン(希釈液)を用意するときに使われる水がめです。

虎と小鳥のフランス日記 第78話 アブサン用水がめ



» 記事の続きを読む

「虎と小鳥のフランス日記」 第10話 「ヴェリブでパリを」学習メモ

ヴェリブはパリの貸し自転車サービスです。今回はカミーユがそのヴェリブにのって観光地をめぐるという趣向でした。ヴェリブについてはこのページの真ん中へんでやや詳しく書いています⇒虎と小鳥のフランス日記 #6 カスカード通り補足:カスカード通り、ヴェリブ、銅版画

ヴェリブ
photo credit: Stephen Rees via photopin cc

» 記事の続きを読む

ヴォージュ広場は住居としても使われている:「虎と小鳥のフランス日記」第9話補足

「虎と小鳥のフランス日記」第9話にでてきたヴォージュ広場について自習してみました。

Place des Vosges ヴォージュ広場 住所:75004 Paris
パリのヴォージュ広場
photo credit: photosylvia / silabox. via photopin cc

» 記事の続きを読む

「虎と小鳥のフランス日記」 第9話 「ヴォージュ広場・かくれんぼ」

第9話を受講した。舞台はヴォージュ広場(Place des Vosges)。ヴォージュ広場はパリで最も古い広場。

パリのヴォージュ広場
photo credit: john weiss via photopin cc


» 記事の続きを読む

「虎と小鳥のフランス日記」 第77話 「パリのアルスナル港」学習メモ

今週の「虎と小鳥のフランス日記」は アルスナル港が舞台。ここはセーヌ川とサン・マルタン運河をつなぐ場所でヨットハーバーとなっています。アントワーヌのゆっくりナレーションで、短いしディクテの練習に向いています。

パリのアルスナル港



» 記事の続きを読む

「虎と小鳥のフランス日記」 第76話 ノートルダム大聖堂のミサ

虎と小鳥のフランス日記第76話の受講メモです。FC2にはおもに、ディクテのノートの写真をのせて単語メモを書いています。文化背景の学習などはアメブロで行なっております。

この回は、カミーユがブラジル人の友達二人をパリ案内。ノートルダム大聖堂まで歩いて行きました。ビデオの半分ぐらいがミサの様子で、発話は短かったです。

虎と小鳥のフランス日記 ノートルダム大聖堂

» 記事の続きを読む

「虎と小鳥のフランス日記」 第8話 「サマーショップ」学習メモ

「虎と小鳥のフランス日記」 第8話 「サマーショップ」を受講した。

8-f


この回は、前回の第七回で登場したMadame Bergamoteのサマーショップのこけら落としというか、vernissage に、Camilleが出向き、Hélèneに話を聞くというもの。ほとんどの発話はHélèneによる。サマーショップというのは、普段は店舗をもたずネットなどで販売しているクリエイターが、夏場の一定期間だけある場所を借りて、街で販売すること。冬にやれば、Winter shop。

» 記事の続きを読む

虎と小鳥のフランス日記 #6 カスカード通り

「虎と小鳥のフランス日記」第6話「カスカード通り」を受講した。Rue Des Cascades

photo:03042012516 by Grinhu


» 記事の続きを読む

「虎と小鳥のフランス日記」 第75話 「ジャズのジャムセッション」

今週の「虎と小鳥のフランス日記」はマレ地区のバーが舞台。ここでカミーユがジャムセッションに参加して歌をうたう。

マレ地区のバーで歌うカミーユ



» 記事の続きを読む

「虎と小鳥のフランス日記」 第74話 「パリの国際大学都市」

今週の「虎と小鳥のフランス日記」は第74話、パリの国際大学都市が舞台。

photo:Cite Universitaire by Pedro Lozano


La Cité international Universitaire de Paris. 通称 La Cité U. ここはパリの大学に通う主に留学生、教員の住んでいる学生寮の集まっている一角。緑が多くてとてもよさそうな感じだ。

» 記事の続きを読む

虎と小鳥のフランス日記 第73話 カルティエ・ラタンのスイングの聖地

「虎と小鳥のフランス日記」 第73話 「カルティエ・ラタンのスイングの聖地」を受講した。

今回の舞台はカルティエ・ラタン。解説によると、ソルボンヌ大学を始め、大学がたくさんある学生街。ラタン Latin はラテン語のことで、ここは『ラテン語を話す(=教養のある学生)が集まる地区』というのが語源だそうだ。

そうだったか。英語だと、Latin Quarter であり、こういう名前のバーがあるし、ラテン系の人が集う場所だと勝手に思っていた。さらに英語を知らなかったもっと前は、ラタンがラテンだとは知らず、ずっと籐のラタンだと思っていて、籐細工がたくさん売ってる街をイメージしていた。 

» 記事の続きを読む

「虎と小鳥のフランス日記」第72話 シェイクスピア・アンド・カンパニー

72話はパリのノートルダム寺院のそばにある、英語の書籍専門店が舞台。その名もシェイクスピア・アンド・カンパニー書店

photo:ParisII007 by zemistor


» 記事の続きを読む

虎と小鳥のフランス日記 #70 新学年を迎えて

「虎と小鳥のフランス日記」 第70話 「新学年を迎えて」を受講した。

P1080385 France, Paris, la fontaine de la Place Saint-Michel
P1080385 France, Paris, la fontaine de la Place Saint-Michel / Jean Robert Thibault


» 記事の続きを読む

#69 虎と小鳥のブラジル旅行

「虎と小鳥のフランス日記」 第69話 「虎と小鳥のブラジル旅行」を受講した。

» 記事の続きを読む

Copyright © penの語学と日常日記 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます