読解編第十一回の予習プリントが届いたので予習した。一週間がはやいこと。

今回は、多少落ち着いた飛行士が、星の王子さまにそこで何してるのか、聞くところ。星の王子さまは質問はするが、人の質問には答えないので、「羊の絵描いて」と答える。飛行士が紙とペンを取り出して、あ、でも自分は絵は描けないんだ、と思いだして・・というところ。

この飛行士、6歳のときに大人に大蛇の絵を笑われて以来、絵の勉強ができなかったことを相当、うらみに思っているようだ。


使われている時制は

Quand 単純過去, 半過去 : «;現在形>>
Et 単純過去 : «現在形>>
Quand 現在形, 現在形
Aussi 接続法半過去, 単純過去
Mais 単純過去 et 単純過去 que 半過去


主節の動詞についての私の解釈
単純過去がたくさん出てくるが、これは物語を語っているからだろう。セリフは直接話法だから現在形。地の文で現在形のところは、「驚きすぎると、抵抗できないもんなんです」とそういうことなんだという、ものの理を述べているので現在形。

・・・・・2012年1月25日に書いた記事です・・・・・