ヨットのレース、ジュール・ベルヌ・トロフィーについての記事を読みました。

Cap sur un record : le tour du monde en 45 jours !

http://1jour1actu.com/sport/cap-sur-un-record-le-tour-du-...

1月7日に、ロイク・ペイロン率いるチームが45日でヨットで世界一周を達成し、ジュール・ベルヌ・トロフィーを獲得しました。これまでの最短記録は、2010年の48日でしたので、記録を三日更新したことになります。

ジュール・ベルヌ・トロフィーという名前は「80日間世界一周の旅」で有名なフランスの作家、ジュール・ベルヌより取られました。小説の中では、Phileas Foggが汽車と船で世界一周をしました。私たちの時代では、飛行機なら二日というところでしょう。そして船で45日という記録が達成されたのです。

ジュール・ベルヌ・トロフィーはヨットのレースですから風まかせです。ヨットで進むのに最適な天気と風を待って出発します。風は強すぎても弱すぎてもだめです。今回記録を達成したヨットはトリマランという種類で、とても大きく、重さは23トン(トラックの重さ)、長さは40メートル(ハンドボールのコートの長さ)、高さ23メートル(凱旋門より少し高い)。世界で一番大きなトリマランです。

このような船で海上を進むのはとても難しいです。時速93キロまで出せますが、これは高速道路を走る車より少し遅いぐらいのスピードです。このレースでは、ルートが決まっています。イギリスから出発して、南アフリカの喜望峰、オーストラリアのリーウィン岬、南アメリカのホーン岬を通って出発点に戻ります。その距離はだいたい54,220キロメートルです。



◆きょうの単語
cap 岬 発音はカップ
語源は「端っこ」という意味の古いプロヴァンス地方の言葉。

le cap de Bonne-Espérance 喜望峰


cap は海に突き出している陸で、船で通るのが難しいところから、さまざま表現が生まれたそうです。

たとえば、 
mettre le cap sur どこかに向かう
changer de cap  行き先を変える
avoir franchir un cap 危機を脱する


*辞書で調べた単語
trimaran トリマラン、三胴船


・・・・・2012年1月10日に書いた記事です・・・・・


カテゴリ