文法講座二十九回目の復習をした。この回は「星が輝いている理由」/ 受動表現・代名動詞

<星の王子さま>

Le petit prince s’assit sur une pierre et leva les yeux vers le ciel :

« Je me demande, dit-il, si les étoiles sont éclairées afin que chacun puisse un jour retrouver la sienne.

王子さまは石に腰かけ、空のほうを見上げた。そしてこう言った。「思うんだけど、星が輝いているのは、みんながいつか、自分の星に帰っていけるようにするためなのかなあ。」(第17章)

語彙:
se demander 自問する、~だろうかと思う。いぶかる、怪しむ(過去分詞一致なし)
C'est ce que je me demandais. その点は私も疑問に思いました。
Je me demande si je dois accepter. 〘間接疑問文を伴って〙受け入れるべきだろうか。
On se demande pourquoi il a agi ainsi. なぜ彼があんな行動をとったのか私たちには理解できない。

éclairer ~を照らす、明るくする
Une lampe éclairait la chambre. 一つの電灯が部屋を照らしていた。
Une baie vitrée éclaire le salon. 大きなガラス窓からさす光が部屋を明るくしている (baie vitrée 大きなガラス窓)
Cet lampe éclaire mal.(目的語はなしで)この電灯は暗い。

afin que 接続法 :~するために(★改まった言い方。日常語では、pour+不定詞を用いる)
Il lui a tout raconté afin qu'elle sache la vérité.
彼女が真実を知るようにと、彼はすべてを話した。

chacun 誰もが、誰でも、みんなが(★男性形のみ)
Chacun le dit. 誰もがみんなそう言っている。
Chacun doit observer la loi. 人は皆、法を守らなければならない。

puisse (←pouvoir) 接続法現在 3人称・単数

la sienne 自分のもの(所有代名詞)


<受動表現・代名動詞>
辞書から拾った例文

受動態
鉄は磁石にひきつけられる。
マリーはその花束をジャンから贈られた。
今日、先生は生徒にもう言うことを聞いてもらえない。
彼はお金を盗まれた。
メキシコではスペイン語が話されている。
彼女はみんなに愛されている。

Le fer est attiré par l'aimant.
Marie a été offert ce bouquet par Jean.
Aujour'hui les professeurs ne sont plus obéis par leurs élèves.
On lui a volé de l'argent.
On parle espagnol au Mexique.
Elle est aimée de tout le monde.


代名動詞
彼女は髪を洗った。
あの事故を覚えているかい?
明日会いましょう。
彼らは毎日電話しあっている。
牡蠣は生で食べられる。
白ワインは冷やして飲むものです。
彼女は行ってしまった。
鳥は飛び去った。
囚人は逃げ出した。
彼女は気を失った。
そんな風に言われるとは思ってもいませんでした。
そんなことじゃないかと思っていました。


Elle s'est lavé les cheveux.
Tu te rappelles cet accident?
On se verra demain.
Ils se téléphonent chaque jour.
Les huîtres se mangent crues.
Le vin blanc se boit frais.
Elle s'en est allée.
Les oiseaux se sont envolés.
Le prisonnier s'est évadé.
Elle s'est évanouie.
Je ne m'attendais pas à cette remarque.
Je m'en doutais.


★チェックポイント
1.三つの受動表現とその心は?
2.受動態の形は?
3.代名動詞とは?
4.再帰代名詞の種類は?
5.代名動詞の四つの用法は?


********
★チェックポイントの答え
1.受動態、代名動詞、on;動作主をはっきり言わない場合に使う。動作の結果を受けているものに焦点がある。
2.受動主+être+過去分詞+par/de+動作主 *過去分詞は受動主に性数一致
par は一時的な動作  deは継続的な動作(感情、心情にかかわるもの多し)
3.主語自身を直接/間接目的語とする再帰代名詞を内蔵した動詞
4.me nous te vous se se
5.①再帰的用法(ふつうの使い方)②相互的用法(主語が複数)③受動的用法(主語がものの場合)④本質的用法(代名動詞として決まった意味があるもの)


・・・・・2011年11月21日に書いた記事です・・・・・