仏検2級の模試シリーズ、「ディクテ=書き取りの試験問題」が届いたのでやってみた。いつものように軽く感想を書いておく。私の答案の写真はのせないが(解説授業の感想を書くときのせるつもり)、具体的なミスの内容は書くので、やってない人は見ないほうがいいと思う。ヒントになってしまうから。

まず、私のディクテ歴を書いておくと、とくに学校に通ったとか、問題集を解いたとかそういう経験はなく、

  • 虎と小鳥のフランス日記のダイアローグを約20本


  • やはりラジオ講座の初級編、今の百合のフランス見物講座のポーズカフェを5つぐらい(これはスクリプトがないけど、やると勉強になる)。

  • 清岡先生の講座で、レナさんが言っていた「恋するおとめの秘密の日記」の書き取りも5,6回した。これもスクリプトはない。


これだけやっております、というかこれだけしかやっていないというべきなのか?

 

全体的な感想

発話スピード:遅い。これは準2級の過去問のお試し解きをしたときも思ったことだが、異様に遅い。ポーズ入りのときなど、自分のプレイヤーが止まってしまったのかと思ったほど。

発音:ものすごくクリア。ラジオ講座(初級編)の先生が、ダイヤローグを改めて読んでくれるときみたいな感じ。(ダイヤローグそのものは会話っぽくしゃべるので、テキストを見ずにきくとわからない箇所があります。)

内容:難しくない。たまたまやさしい回だったのかどうか知らないが、時事でもなく、評論でもなく、文学でもない。小学校低学年の子どもの書くような内容(あくまで内容についてのみ。もしネイティブの子どもが書けばもっと語彙も、文の構造も私にとっては難しいものになるはず)

語彙:難しくない。一つ完璧に勘違いしていた箇所があったが(私がディクテのときよくするミスで、前置詞と動詞なのに、ひとつの動詞と勘違いしていた)単語自体はすべて知っていた。ちなみに現在の私の語彙レベルはよくわからないのだが、「最初の1100語」の単語帳で単語を覚えているところです(★2012/09/07追記:まだこの単語帳を使っている私っていったい?)。

文の構造:難しくない。短い文が多い。

量:少ない。ゆっくり読んで1分ぐらいの文量。

 

だから内容をとるのは難しくない。

しかし、正答をもらって、すべてのミスを合計すると、約10個(数え方による)あるのね。

私のミス

  1. スペルを1文字まちがえたところ。2箇所

  2. スペルで1文字抜けていたところ 3箇所

  3. 単語が抜けていたところ(ちなみに前置詞)1箇所

  4. 前置詞と動詞なのに、ひとつの動詞として書いた結果、アクサンがなくて、文字が1文字多かった混合ミス 1箇所

  5. 時制を間違え、よってスペルも2文字足りないとこ。1箇所

  6. スペルを1文字間違え、性数一致を忘れたとこ。1箇所

  7. 性数一致を忘れた 1箇所 (性数一致のミスは6も入れると2箇所)


これはどうやって採点するのだろうか(★2012/09/07追記:後日先生にたぶん一つのミスでminus2点と聞いた。ちょっと間違えると点数が拾えない)。大きなミスは、3,4,5と7だろうか。

性数一致なのだが、これはわざとそういうのがいっぱいある問題になっているんだろうと思う。

今回は、ふつうに試験を受けるようにやったあと、問題を何度かきいて、スペルも辞書で確認して答案を出すことになっていたので一応そうしたのだが、それでもまだ性数一致を二箇所忘れていた。

でも一度間違えると、次は間違えにくいので、試験対策という意味では間違えてよかったことになる。

結論:試験を受ける人はぜひ過去問をやって、先に間違えておいてください。


<div align="center"><span style="color:#663300">・・・・・2012年5月17日に書いた記事です・・・・・</span></div>
カテゴリ
タグ