セダン(sedan)とは自動車の型式の一つ。
座席が二列になっていて、その間に仕切りのない箱型の乗用車です。

とはいえ、今は必ずしもこういう形でなくても、メーカーはセダンと呼ぶことがありますね。まあ、特に厳密に車の形が問題になっていない場合は、ふつうの乗用車と考えておけばいいと思います。

sedanはイギリス英語ではsaloon、フランス語ではberline です。

******************
きょうの単語:berline : 4ドアセダン

私の名付け親は子どもが二人いる。彼はより快適なセダンを自分のために買った。

Mon parrain a deux enfants ; il s'est acheté une berline qui est plus confortable.

parrain 洗礼にたちあう代父、名付け親 ⇔ marraine

s'acheter 自分のために買う(直接目的語は「その買うもの」ですから、過去分詞の一致はありません。)

彼女は自分のドレスを買った。
Elle s'est achté une robe.

confortable 快適な

maison confortable
快適な家

mener une vie confortable
安楽な暮しをする


★きょうの活用
s'acheter passé composé

je me suis acheté
tu t'es acheté
il s'est acheté
nous nous sommes achetés
vous vous êtes achetés
ils se sont achetés

berlineはもともと「ベルリン型馬車」です。御者席が外にあり、座席が対面式になっている4輪の箱馬車。

ドイルのベルリン(Berlin)で初めて製造され、1670頃流行しました。

*********************
sedanの語源はイタリア語の方言で「椅子」という意味のsediaではないかと言われています。

とはいえ、例によって、どれが語源なのかはっきりとは決められず、「椅子」のような、何か座るものの名前からきているようです。

セダンの先祖と考えられているものは、以下のようなかごです。

英語でsedan chairと呼ばれる17~18世紀にトルコで使われた箱型のかご
トルコのかご

こちらは昔の韓国のかごで、高貴な人が乗ったもの。
韓国のかご

このような担架、あるいはお神輿(みこし)みたいなものは、自動車の先祖とも言えますね。前後の人間がエンジンで動く車輪になったわけですから。

こうしたかごはその国によって名称が違うそうですが、
ヨーロッパの国々で、共通するのは"sed-"と最初についていること。

これはラテン語で「腰掛ける」という意味の sedeo, sedoに関係のある言葉です。
つまり、sedanは「座るもの」ということですね。

英語に「いつも座っている」「ほとんどからだを動かさない」という意味のsedentaryという形容詞があります。

sedentary lifestyle は座っていることが多い生活形態。
事務職の人などこれにあたります。私もどっぷりsedentaryです。

自動車に乗ってあちこち出かける現代人は昔の人に比べて、本当に歩きません。
乗用車をsedanと呼ぶのは、まさにこの意味で、ぴったりですね。

☆いつも応援ありがとうございます。お役にたてたら、ポチっとバナーをクリックお願いします(_ _)

人気ブログランキングへ