・・・・・2011年9月17日に書いた記事です・・・・・


きょうの発音ルールは子音S、X、ti の説明。




私の場合、気をつけたいのは、


・SとXは母音にはさまれているとき、にごる点


・数詞の語末のXがSの発音になる場合


・ti を ティ と読む場合


あとは英語と似てるので、特に意識しなくても読めるような気がする。


Le Voyage de Chihiro のビデオのトランスクリプト(開始10分ぐらいまでのやつ)から、きょう学んだルールより、Sが母音にはさまってる単語、SSというつづりがある単語を拾ってみた。


[母音にはさまれたS]

magasin

rose

maison

faisait (faire)

trésor 宝


[SSというつづりがある単語]

glisser

ressaisis (ressaisir)

appétissant

assesoir


Sは語頭/語末によく出てくる気がした。


つぎにXの入っている単語を調べたが、こちらはあまり数がなく、しかも全部語末についている単語ばかりだったけれど、一応書いておこう。


dix

veux

mieux

vieux

aux

merveilleux

délicieux