作文講座を聞くのは40日ぶりですかね・・・。ほかの受講生さんは秋にやっている講座です。なんとか冬のあいだに終わらせたいものです。

作文講座pen


きょうは後半の21分過ぎから、半過去と複合過去の使い分けについての説明を聞きました。

二つの過去形の使い分けは、情報としてどちらが大事かによって決まる。すなわち、話者が強調したいこと、話のポイント、メインの情報は複合過去、そうでない添え物は半過去。

言い換えると出来事が複合過去で表され、背景となる情報は半過去で表現される。

ただし、

1.期間が明示されている場合は複合過去を使う。

i.e. Pendant deux ans, j'ai habité à Paris.
cf. Il y a deux ans, j'habitais à Paris.

2.特定の副詞と一緒に、複合過去が現れる。

soudain や tout à coup (突然)のあとは複合過去。これは「突然何かの出来事が起きた」わけだから、複合過去になるともいえる。
Il a été frappé d'une peur soudaine.

alors そして そして、何かのできごとが起きた。

dès que ~したらすぐに ~したらすぐに何かのできごとが起きた。
Dès qu'elle a vu sa mère, elle s'est mise à pleurer.

半過去と現れる副詞は pendant que ~している間 この副詞は背景の導入をしている
Il me regardait pendant que je téléphonait.

3.時制の一致の場合→半過去


次回の作文講座までなるべく間があかないようにいたします。