女子ボクシングの記事を読みました。

pen ボクシング


元記事 → La boxe féminine expliquée aux enfants | 1jour1actu - Les clés de l'actualité junior 15 mars 2012

La boxe, c’est aussi un sport de fille !
ボクシング、それは女子のスポーツでもあります。

ここ15年ほど前から、フランスを始め世界中で、ボクシングをやる女子が増えています。フランスの女子ボクシングチームのトレーナーは、女子も男子もルールは同じだと言います。パンチは男子より多少弱いかもしれませんが、女子ボクサーの気概や勇気は男子に劣りません。

なぜこれが今日の話題なのでしょうか?

それは、女子ボクシングが、この夏ロンドンで行われるオリンピックの種目としてデビューするからです。その前哨戦として、5月に中国で女子ボクシングの第7回世界大会があります。



ボクシングにはどんな種類がありますか?

英国式ボクシングは、両手だけを使ってなぐります。防具としてヘルメットとグローブをつけます。フランスのボクシングでは、両手、両足を使って攻撃します。タイのボクシングは、グローブも靴もつけず、両手、両足に加えて、ひじや膝を使って攻撃します。



ボクシングのルールは?

はじめはちゃんとしたルールはなく、単に殴りあうだけでしたが、少しずつルールが定まって来ました。たとえば、グローブは必ずはめることとか、戦う時間の長さの規定などです。

ボクシングの試合は、3ラウンド(戦う時間)で、あいだに3分ずつ休憩があります。女子の場合は、試合の時間は2分で、4ラウンドです。

ボクシングのルールの中で一番有名なのは、KOです。この名前は英語のKnock Out(なぐることで、取り除く)という言葉から出来ました。試合中、審判が10数えるあいだに、選手が床から立ち上がらなければ、ノックアウトされたことになり、相手の勝利が決まります。



女子ボクシングはいつから始まったのでしょうか?

種目として女子がリングにのぼったのは1999年頃です。それ以来、ボクサーの数は4倍になりました。そのうち350人以上が、今年の世界大会に出場します。他のスポーツと同様、選手の夢はオリンピックに出場することです。

男子と同じように、女子も体重によってグループ分けされます。オリンピックでは、3つしかグループがなく、51キロ以下、60キロ以下、75キロ以下のグループです。たとえ体重を増やしてでも、出場したいと思っている女子選手はたくさんいます。



◆きょうの単語

ring  リング、ボクシング

ring は「輪」という意味の英単語。もともとは通りで野次馬の輪に取り囲まれている中で、喧嘩している人々のことをさしていたのが、サーカスやスポーツをする場所の意味に変わってきたそうです。英語でring は、いろいろな意味がありますが、仏語のring は、ボクシングや、レスリングなどをするためにロープで囲ったリングやそのスポーツを意味します。



・・・ フランスのボクシングって蹴ってもいいんですね。ちっとも知りませんでした。

・・・・・2012年3月15日に書いた記事です・・・・・


カテゴリ