きのうの続きで2つ目のビデオの後半を聞きました。母音の練習とポール・ヴェルレーヌの Il pleure dans mon cœur の朗読の練習でした。

ペンギンなんて




Il pleure dans mon coeur

Il pleure dans mon coeur
Comme il pleut sur la ville;
Quelle est cette langueur
Qui pénètre mon coeur ?

Ô bruit doux de la pluie
Par terre et sur les toits !
Pour un coeur qui s'ennuie,
Ô le chant de la pluie !

Il pleure sans raison
Dans ce coeur qui s'écoeure.
Quoi ! nulle trahison ?...
Ce deuil est sans raison.

C'est bien la pire peine
De ne savoir pourquoi
Sans amour et sans haine
Mon coeur a tant de peine !

Paul VERLAINE (1844-1896)

※単語メモ
langueur 物憂さ、気だるさ
s'écœurer げんなりする (←cœur)
trahison 裏切り
deuil 哀しみ(今、辞書をひいたらこの単語をこれまでに3回ひいていることを発見。それこそほんとの哀しみか・・)



このお子さまの朗読を何度か聞き、一緒に練習しました。
子どもなのにうまいですね。


Il pleure dans mon coeur - Paul Verlaine par RejoyceTV


今回はビデオのおしまいのほうで先生の声が消えてしまっていましたね。
astuce という単語の説明をしている時でした。「詩を覚えるコツ」という箇所で、この単語が使われていました。

プチロワをひいたら、「巧妙なやり方、うまい手」とあったので、もしかしたら、「裏ワザ」のような意味でも使えるかもしれないと思いましたのでここにメモしておきます。


カテゴリ