読解編第十三回後半の復習をした。

これはgriffonerの派生語(どっちが先が今ひとつわからん)のグリフォン。
ギリシャ神話で、頭と翼はワシ、ドウはライオンの形をした怪物。グリュプスとも呼ばれる。
これは可愛いといえば可愛いけど、
グリフォン1

これはいかにも怪物。
グリフォン2



Ch2.16
殴り書き部分は、三つ知らない単語があったのだが、推測できた。

Je veux un mouton qui vive longtemps.
接続法に気づかなかった。

faute de 無冠詞N  Nがないので
Faite de vin, on boit de l'eau.
Faute de preuves, le suspect a été relâché.
証拠不十分で被疑者は釈放された。

avoir hâte de inf. 急いで~する、早く~したい。
J'ai hâte de le voir.

griffoner なぐり書きする、書きなぐる cf. griffe 爪;griffon グリフォン(画像、気持ち悪い・・)
grifonner des notes sur un agenda



Ch2.17
il faille beaucoup d'harbe à ce mouton?
ここの接続法は気づいたのだが、王子さまがわくわくしているとは思わなかった。自分の星には草があんまりないから、羊のえさがないと心配しているのかと思ってた。

ça c'est = c'est

falloirは非人称構文をとる動詞なので、接続法現在は qu' il faille のみ。

fait


Ch2.18
Pas si petit que ça...
このsiはaussiが否定文になったときに使われる。意味はaussiと同じ ~ほど・・・ではない。
Daniel n'est pas si robuste que toi.
ダニエルは君ほど強くはない。

*ここの意味は完全に間違えていた。王子さまが心配していると思ったので、「たとえそんなに小さくなくても」などと勝手な訳をつけてしまったが、正しくは「そんなに小さくないよ」

ça suffire それで足りる

pencher 傾く、かしぐ
Ce mur penche un peu.
この壁は少しかたむいている


<現在>
vivre
接続法現在
que je vive
que tu vives
qu'il vive
que nous vivions
que vous viviez
qu'ils vivent

être
単純過去
fus
fus
fut
fûmes
fûtes
furent

faire
単純過去
fis
fis
fit
fîmes
fîtes
firent


・・・・・2012年2月13日に書いた記事です・・・・・