英語のタグ記事一覧

どこにでもいる平凡な主婦penが50歳から始めたフランス語の学習日記+日々の記録。気ままな備忘録です。

タグ:英語

  • 2015/01/01一日一単語は覚える

    「ソウルメイト」という意味のフランス語をご紹介します。後半では、「かもめのジョナサン」を書いたアメリカの作家、リチャード・バックの「ソウルメイト」の定義も書いています。フランス語でソウルメイトは、âme sœur例文:多くの結婚紹介所はソウルメイトを見つけてくれると保証するが、それは簡単なことではない。☆いつも応援ありがとうございます。きょうもポチっとバナーをクリックお願いします(_ _)にほんブログ村...

    記事を読む

  • 2013/10/10映画、音楽

    ジターバグワルツとは、ファッツ・ウォーラーの書いたJitterbug Waltzのこと。ジャズです。実は、私のメインブログに、虎と小鳥のフランス日記のカミーユが自分で仏訳をつけたジターバグワルツの和訳を書いています。⇒訳詞:ジターバグワルツ(カミーユのバージョン)その記事にたまに「ジターバグワルツ+歌詞+和訳」で検索してアクセスしてくれる方がいるのですね。その人はカミーユのつけた、ちょっとユニークなフランス語の歌...

    記事を読む

  • 2013/10/02映画、音楽

    2013年9月も終わろうとするある日、久しぶりにこのブログのアクセス解析を見ました。すると、96歳のおじいさんが書いた曲がYouTube(⇒iTunes)で大ブレイクでご紹介したフレッドじいさんの歌の歌詞の和訳を求めて、何人かの方がこのブログにアクセスしていたようだ、ということがわかりました。決して難しい英語ではないので、すでにどこかにのっているとは思いますが、遅まきながら、私も訳してみました。前回紹介したドキュメンタ...

    記事を読む

  • 2013/09/04映画、音楽

    96歳のフレッドという名前のアメリカのイリノイ州のおじいさんが、最近、ちょっとした話題になっています。この人が、亡くなった奥さんへの思いをつづった歌詞が歌になり、iTunesでプロのシンガーの曲をおさえてトップ10に入ったからです。テレビのニュースでも取り上げられるほどです。曲のタイトルは"Oh Sweet Lorraine"「愛しのロレイン」ですね。もちろん、ロレインは奥さんの名前です。いったいどうやって、ミュージシャンで...

    記事を読む

ソウルメイトとは?~リチャード・バックはこう定義します

カップル

「ソウルメイト」という意味のフランス語をご紹介します。後半では、「かもめのジョナサン」を書いたアメリカの作家、リチャード・バックの「ソウルメイト」の定義も書いています。

フランス語でソウルメイトは、âme sœur

例文:多くの結婚紹介所はソウルメイトを見つけてくれると保証するが、それは簡単なことではない。

☆いつも応援ありがとうございます。
きょうもポチっとバナーをクリックお願いします(_ _)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

» 記事の続きを読む

ジターバグワルツの訳詞~まったり踊りましょう

ピアノ

ジターバグワルツとは、ファッツ・ウォーラーの書いたJitterbug Waltzのこと。ジャズです。

実は、私のメインブログに、虎と小鳥のフランス日記のカミーユが自分で仏訳をつけたジターバグワルツの和訳を書いています。
訳詞:ジターバグワルツ(カミーユのバージョン)

その記事にたまに「ジターバグワルツ+歌詞+和訳」で検索してアクセスしてくれる方がいるのですね。その人はカミーユのつけた、ちょっとユニークなフランス語の歌詞を探しているわけではないでしょう。

たぶん、英語の歌詞を探していると思います。せっかくアクセスしてもらっても、お目当てのものがなくて申し訳ないのでこちらで訳してみました。アビー・リンカーンのバージョンです。

ちなみに、jitterbugとは「ジルバを踊る人」です。まあ、踊っている人、ぐらいの意味ですね。

曲はこちらです

※YouTubeで見る方はこちらから⇒ジターバグワルツ~アビー・リンカーン & ハンク・ジョーンズ

では、和訳行きます。

» 記事の続きを読む

歌と訳詞:愛しのロレイン~96歳のフレッドじいさん作詞

バイオリンと結婚指輪とバラ

2013年9月も終わろうとするある日、久しぶりにこのブログのアクセス解析を見ました。
すると、96歳のおじいさんが書いた曲がYouTube(⇒iTunes)で大ブレイクでご紹介したフレッドじいさんの歌の歌詞の和訳を求めて、何人かの方がこのブログにアクセスしていたようだ、
ということがわかりました。

決して難しい英語ではないので、
すでにどこかにのっているとは思いますが、
遅まきながら、私も訳してみました。

前回紹介したドキュメンタリーより歌の部分の抜粋です。
2分54秒

※YouTubeで見る方はこちらから⇒「愛しのロレイン」~フレッドじいさん

» 記事の続きを読む

96歳のおじいさんが書いた曲がYouTube(⇒iTunes)で大ブレイク

flowers

96歳のフレッドという名前のアメリカのイリノイ州のおじいさんが、最近、ちょっとした話題になっています。

この人が、亡くなった奥さんへの思いをつづった歌詞が歌になり、
iTunesでプロのシンガーの曲をおさえてトップ10に入ったからです。
テレビのニュースでも取り上げられるほどです。

曲のタイトルは"Oh Sweet Lorraine"

「愛しのロレイン」ですね。もちろん、ロレインは奥さんの名前です。

いったいどうやって、ミュージシャンでもないふつうのおじいさんの曲が、大勢の人にダウンロードされることになったのでしょうか?

» 記事の続きを読む

Copyright © penの語学と日常日記 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます