冠婚葬祭のタグ記事一覧

どこにでもいる平凡な主婦penが50歳から始めたフランス語の学習日記+日々の記録。気ままな備忘録です。

タグ:冠婚葬祭

  • 2015/01/20一日一単語は覚える

    きょうのフランス語は emprunter 借りる です。記事の後半では、結婚式に身につけると縁起のよい Something Four (サムシングフォー 4つの何か)とその象徴するものをご紹介します。例文:何か古いもの、何か新しいもの、何か借りたもの、何か青いもの☆いつも応援ありがとうございます。きょうもポチっとバナーをクリックお願いします(_ _)にほんブログ村...

    記事を読む

  • 2014/12/31一日一単語は覚える

    きょうのフランス語は「婚約」fiançailles : 婚約 (常に複数形) フィオンサーユ例文:隣人の婚約パーティは大成功をおさめた。☆いつも応援ありがとうございます。きょうもポチっとバナーをクリックお願いします(_ _)にほんブログ村...

    記事を読む

  • 2013/08/16一日一単語は覚える

    ガーター(garter) というものをご存知ですか? ボーリングのガーター(gutter) ではありません。ストッキングがずり落ちないために留めるものです。「え、ストッキングってずり落ちないよね?」と思ったあなた、あなたはパンティストッキングしかご存知ないのでしょうね。パンストが出来る前のストッキングは、1本1本、別れていたのです。よって、動けば、だんだんずり落ちてきます。といっても、私自身はそういうタイプのストッ...

    記事を読む

  • 2013/01/19フランスのニュース

    フランスのmariage civilと呼ばれる民法上の結婚について読みました。2012年の12月の記事です。Le mariage civil expliqué aux enfants | 1jour1actu - Les clés de l'actualité junior 18 décembre 2012 Sais-tu d’où vient le mariage civil ?民法上の結婚の起源を知っていますか?テレビや身の回りで『すべての人に結婚を』« le mariage pour tous »がスローガンの法律の制定が進んでいることを聞いた事があると思います...

    記事を読む

  • 2012/12/30一日一単語は覚える

    inhumer ~を埋葬する捜査は進行中であるが、そのビジネスマンは死後3週間たつまで埋葬されなかった。(絶対分詞構文=主節の主語と、分詞を使った句の主語が違う文=を使用)Une enquête étant en cours, l'homme d'affaire n'a été inhumé que trois semaines après son décès.続きには語彙の説明を書いています。...

    記事を読む

  • 2012/12/01一日一単語は覚える

    enterrement de vie de garçon: バチェラー・パーティ花婿の付添人がバチェラー・パーティを取り仕切るのが習わしだ。Il est de coutume que le témoin du marié s'occupe de l'enterrement de vie de garçon.バチェラー・パーティは日本語になっているのでしょうか?アメリカ映画などによく出てくるので、知っている人も多いと思いますが、結婚を控えた男性が、通常男友達とする独身最後のパーティです。日本にはこんな習慣ないで...

    記事を読む

サムシングフォー~何か古いもの、新しいもの、人から借りたもの、そして青いもの

wedding

きょうのフランス語は emprunter 借りる です。
記事の後半では、結婚式に身につけると縁起のよい Something Four (サムシングフォー 4つの何か)とその象徴するものをご紹介します。

例文:何か古いもの、何か新しいもの、何か借りたもの、何か青いもの

☆いつも応援ありがとうございます。
きょうもポチっとバナーをクリックお願いします(_ _)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村

» 記事の続きを読む

ガーター~フランス文化に欠かせないもの

ガーター(garter) というものをご存知ですか? ボーリングのガーター(gutter) ではありません。

ストッキングがずり落ちないために留めるものです。

「え、ストッキングってずり落ちないよね?」

と思ったあなた、あなたはパンティストッキングしかご存知ないのでしょうね。

パンストが出来る前のストッキングは、1本1本、別れていたのです。よって、動けば、だんだんずり落ちてきます。

といっても、私自身はそういうタイプのストッキングを利用したことがありません。

ハイソックスが伸びて、ももの真ん中ちょっと上あたりまで行ったところを想像してください。それがずり落ちてこないように、上から留める(はめる)伸び縮みのする輪がガーターです。昔のストッキングの口のところは、伸縮性がなかったのでしょうね。

ガーターには、先端にクリップのついたひもがぶらさがっているベルトタイプもあります。このクリップ(あるいはひもを結ぶタイプもある)で、ストッキングのはしをはさんで落ちないようにするのです(言ってる意味わかりますか?)

このタイプは「プレイボーイ」などセクシーな系統の雑誌のグラビアに出てくる女性がよくつけています。

*********************

jarretière : ガーター


結婚式のあいだ、来賓がきれいな花嫁さんのガーターに10ユーロ札をたくさんはさんだ。

Pendant la noce, les invités ont mis beaucoup de billets de 10 euros dans la jarretière de la jolie mariée.

ガーター


» 記事の続きを読む

民法上の結婚とは

フランスのmariage civilと呼ばれる民法上の結婚について読みました。2012年の12月の記事です。

結婚

Le mariage civil expliqué aux enfants | 1jour1actu - Les clés de l'actualité junior 18 décembre 2012

Sais-tu d’où vient le mariage civil ?
民法上の結婚の起源を知っていますか?

テレビや身の回りで『すべての人に結婚を』« le mariage pour tous »がスローガンの法律の制定が進んでいることを聞いた事があると思います。1月にこの計画について議会で話し合いが行われます。もし可決されれば、ホモセクシャルのカップルが結婚し、養子をとることができるようになります。さて、結婚の歴史について知っていますか?




» 記事の続きを読む

きょうの単語:inhumer 「埋葬許可書」をフランス語で何と言うか。

inhumer ~を埋葬する

捜査は進行中であるが、そのビジネスマンは死後3週間たつまで埋葬されなかった。(絶対分詞構文=主節の主語と、分詞を使った句の主語が違う文=を使用)

お墓

Une enquête étant en cours, l'homme d'affaire n'a été inhumé que trois semaines après son décès.

続きには語彙の説明を書いています。

» 記事の続きを読む

きょうの単語:enterrement de vie de garçon 「独身生活の葬式」とは?

enterrement de vie de garçon: バチェラー・パーティ

花婿の付添人がバチェラー・パーティを取り仕切るのが習わしだ。

ウェディング


Il est de coutume que le témoin du marié s'occupe de l'enterrement de vie de garçon.

バチェラー・パーティは日本語になっているのでしょうか?アメリカ映画などによく出てくるので、知っている人も多いと思いますが、結婚を控えた男性が、通常男友達とする独身最後のパーティです。日本にはこんな習慣ないですね。

英語ではbachelor party(独身男性のパーティ)ですが、フランス語ではなんと「独身生活の葬式」と言うのですね。それもただの葬式ではありません。enterrementは埋葬という意味なので、今までの暮らしを葬ってしまうんですね。ただ、それぐらいの覚悟をして結婚するのはいいことだと思います。

» 記事の続きを読む

Copyright © penの語学と日常日記 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます