「星の王子さま」読解編のカテゴリ記事一覧

どこにでもいる平凡な主婦penが50歳から始めたフランス語の学習日記+日々の記録。気ままな備忘録です。

カテゴリ:「星の王子さま」読解編

  • 2013/02/08「星の王子さま」読解編

    講義後半部分の復習。ネタバレしているので、未修の方は読まないでください。pp ch25,4Elle était bonne pour le cœur, comme un cadeau. Lorsque j’étais petit garçon, la lumière de arbre de Noël, la musique de la messe de minuit, la douceur des sourires faisaient ainsi tout le rayonnement du cadeau de Noël que je recevais....

    記事を読む

  • 2013/01/05「星の王子さま」読解編

    前半の復習文章を読むときの呼吸18 長文解釈は読解編 第十八回 感想を参照...

    記事を読む

  • 2013/01/05「星の王子さま」読解編

    受講しました。とりあえず感想を書いておきます。特に自由間接話法について。...

    記事を読む

  • 2013/01/05「星の王子さま」読解編

    井戸シーン続き第十七回の続きの箇所。ここを読むと、やっぱりあれは、「祭りのわくわく」だったのかという気がする。飛行士がクリスマスと同じだと言っているので。つまり、クリスマスのツリーのキラキラ、ミサの音楽、家族の笑顔、そんなのがあったから、プレゼントがすごくうれしかったのと同じだということらしい。星空のもとを何日も歩いたこと、滑車のきしきし、自分でえっこらと井戸水をくんだ、まさにその水を王子さまが飲...

    記事を読む

  • 2013/01/04「星の王子さま」読解編

    後半の文章を復習しました。ch25.1fit jouer la poulie  このjouerは「物が(円滑に)動く、(正しく)機能する、作動する」という意味。fit は faire なので使役だから「滑車を動かした」。jouer は「遊ぶ」以外にも意味があることに注意。風見鶏の比喩の文については、読解編 第十七回 感想を参照。...

    記事を読む

  • 2012/12/31「星の王子さま」読解編

    前半27分の復習をしました。テーマは分詞構文と使役動詞です。...

    記事を読む

  • 2012/12/29「星の王子さま」読解編

    講義を聞いた。このあと音読しなくてはならないので、とりあえず感想だけ軽く書いておく。ネタバレしているので、これから読解する人は読まないでください。いろいろ細かいところを間違えていたが、一番大きな間違いは風見鶏のところ。...

    記事を読む

  • 2012/12/26「星の王子さま」読解編

    読解編第十七回の予習メモ。井戸の水を飲むところです。3/9 追記。授業を聞いたので、時制で間違えていたところを修正した(追記は赤字)。ネタばれになるので、これから読解する人は読まないほうがいいでしょう。...

    記事を読む

  • 2012/12/24「星の王子さま」読解編

    第十六回後半の復習をした。1.訳すときの注意 単純未来形 1人称のときの意志、2人称のときの命令 pouvoir 1人称のときの意志 2人称のときの許可 会話の部分 人称によって発話の意図をとらえ、その会話をしている人(人じゃないときもあるけど)らしい語り口にする。続きには語彙、表現のメモを書いています。...

    記事を読む

  • 2012/12/17「星の王子さま」読解編

    ビデオが届いたので受講した。感想:今回説明のあったことは、今まであちこちで説明のあったことのまとめ的なものであった。抽象名詞句の訳し方は、自分で訳す場合、日本語らしくしようと思ったときに無意識にやっていた気がする。あらためて説明をうけたので、さらに意識的に効果的にやれるようになるだろう。織田先生の狐は、星の王子さまと同じくらいの年令で、対等な感じだと思った。私の狐は、中国の哲学者であるので、だいぶ...

    記事を読む

  • 2012/12/08「星の王子さま」読解編

    ここは前回の続きで、狐のモノローグ。王子さまに飼い慣らし方(絆の作り方)をレクチャーしているところ。...

    記事を読む

  • 2012/12/08「星の王子さま」読解編

    後半の語彙や表現をチェックした。LAROUSSE des débutants 6/8 ans という辞書を持っているので、きょうはそれを使ってみた。今まで、語彙が少なすぎて、定義を読んでもわからなかったけど、ぼちぼち大丈夫かな。6/8って小学校1年から2年あたりか。...

    記事を読む

  • 2012/12/08「星の王子さま」読解編

    ビデオが届いたので受講した。きょうは前半部分の復習感想:未来時制を「~だろう」と機械的に訳している部分はあったと思う。今回の狐のセリフに意志はけっこう入れていたけれど、命令や、希望といったニュアンスはくみとれていなかった。...

    記事を読む

  • 2012/12/08「星の王子さま」読解編

    ここはキツネが星の王子さまに「飼い慣らして(絆を作って)」と頼む有名な箇所。私の和訳公開してます。字が汚いから読めないと思うけど。誤字脱字、すみません・・・...

    記事を読む

  • 2012/12/08「星の王子さま」読解編

    読解編第十四回のビデオを見た。きょうは感想だけ書いておく。ここは、第20章の全体。星の王子さまが、自分の星に一つしかないと思っていた薔薇が、ある家の庭に大量に咲いていてびっくりするところ。そのあと、自分の星には小さな火山が三つあるだけで、しかも一つは休火山。情けない、といって草むらにつっぷして泣く場面。...

    記事を読む

  • 2012/12/08「星の王子さま」読解編

    読解編第十四回の予習プリントが届いたのでやった。なんと、いきなり第20章まで飛んでしまった。ま、それはいいのだが。この箇所は難しい。まず構文が難しい。しかし、それ以上に難しいなあと思ったのは下線部3に書いてあること。ここは、なんですかね。なんか、ずいぶん濃い恋愛小説のよう。...

    記事を読む

  • 2012/12/08「星の王子さま」読解編

    読解編第十三回後半の復習をした。これはgriffonerの派生語(どっちが先が今ひとつわからん)のグリフォン。ギリシャ神話で、頭と翼はワシ、ドウはライオンの形をした怪物。グリュプスとも呼ばれる。これは可愛いといえば可愛いけど、これはいかにも怪物。Ch2.16殴り書き部分は、三つ知らない単語があったのだが、推測できた。Je veux un mouton qui vive longtemps.接続法に気づかなかった。...

    記事を読む

  • 2012/12/01「星の王子さま」読解編

    読解編第十三回、前半の講義部分の復習をした。文章を読むときの呼吸13 動詞の意味◆西洋語の動詞は、日本語のそれよりも、文中で担う役割が多い。訳すときは辞書の訳にとらわれないで、文脈、目的語などから意味を決めるとよい。...

    記事を読む

  • 2012/12/01「星の王子さま」読解編

    読解編第13回のビデオが届いたので見た。音読してたら時間がなくなったので、きょうは軽く感想だけ書いておく。動詞の意味のとり方と強調構文がテーマであった。きょう学んだこと:動詞に関しては文脈、特に目的語から意味を考え、そのさいあまり辞書の訳にはとらわれないほうがよい。...

    記事を読む

  • 2012/11/27「星の王子さま」読解編

    第十三回の予習プリントが届いたのでやった。第2章の一番最後。...

    記事を読む

読解編 第十八回 復習2

講義後半部分の復習。ネタバレしているので、未修の方は読まないでください。

星の王子さま


pp ch25,4

Elle était bonne pour le cœur, comme un cadeau. Lorsque j’étais petit garçon, la lumière de arbre de Noël, la musique de la messe de minuit, la douceur des sourires faisaient ainsi tout le rayonnement du cadeau de Noël que je recevais.

» 記事の続きを読む

読解編 第十八回 感想

受講しました。とりあえず感想を書いておきます。特に自由間接話法について。

星の王子さま

» 記事の続きを読む

読解編 第十八回 予習

井戸シーン続き

星の王子さま


第十七回の続きの箇所。ここを読むと、やっぱりあれは、「祭りのわくわく」だったのかという気がする。飛行士がクリスマスと同じだと言っているので。

つまり、クリスマスのツリーのキラキラ、ミサの音楽、家族の笑顔、そんなのがあったから、プレゼントがすごくうれしかったのと同じだということらしい。

星空のもとを何日も歩いたこと、滑車のきしきし、自分でえっこらと井戸水をくんだ、まさにその水を王子さまが飲んだんだ。うれしいじゃないか、祭だ、祭だって感じらしい。

続きでは私の予習段階での訳を公開しています。

» 記事の続きを読む

読解編 第十七回 復習2

後半の文章を復習しました。

井戸の絵

ch25.1

fit jouer la poulie  このjouerは「物が(円滑に)動く、(正しく)機能する、作動する」という意味。fit は faire なので使役だから「滑車を動かした」。jouer は「遊ぶ」以外にも意味があることに注意。

風見鶏の比喩の文については、読解編 第十七回 感想を参照。

<続きの最後に私の予習でやった訳を公開してます。間違ってますけど^^;しかも字が汚い・・・漢字も間違っている可能性あり。>

» 記事の続きを読む

読解編 第十七回 復習1

前半27分の復習をしました。テーマは分詞構文と使役動詞です。

読解編第17回予習

» 記事の続きを読む

読解編 第十七回 感想

講義を聞いた。このあと音読しなくてはならないので、とりあえず感想だけ軽く書いておく。ネタバレしているので、これから読解する人は読まないでください。

風見鶏


いろいろ細かいところを間違えていたが、一番大きな間違いは風見鶏のところ。


» 記事の続きを読む

読解編 第十七回 予習

読解編第十七回の予習メモ。井戸の水を飲むところです。

読解編第17回予習

3/9 追記。授業を聞いたので、時制で間違えていたところを修正した(追記は赤字)。ネタばれになるので、これから読解する人は読まないほうがいいでしょう。

» 記事の続きを読む

読解編 第十六回 復習2

第十六回後半の復習をした。

読解編第16回


1.訳すときの注意

  • 単純未来形 1人称のときの意志、2人称のときの命令

  • pouvoir 1人称のときの意志 2人称のときの許可

  • 会話の部分 人称によって発話の意図をとらえ、その会話をしている人(人じゃないときもあるけど)らしい語り口にする。



続きには語彙、表現のメモを書いています。

» 記事の続きを読む

読解編 第十六回 復習1

ビデオが届いたので受講した。

読解編第16回

感想:今回説明のあったことは、今まであちこちで説明のあったことのまとめ的なものであった。抽象名詞句の訳し方は、自分で訳す場合、日本語らしくしようと思ったときに無意識にやっていた気がする。あらためて説明をうけたので、さらに意識的に効果的にやれるようになるだろう。織田先生の狐は、星の王子さまと同じくらいの年令で、対等な感じだと思った。私の狐は、中国の哲学者であるので、だいぶニュアンスが違う。

» 記事の続きを読む

読解編 第十六回 予習

ここは前回の続きで、狐のモノローグ。王子さまに飼い慣らし方(絆の作り方)をレクチャーしているところ。

» 記事の続きを読む

読解編 第十五回 復習2

後半の語彙や表現をチェックした。

LAROUSSE des débutants 6/8 ans という辞書を持っているので、きょうはそれを使ってみた。今まで、語彙が少なすぎて、定義を読んでもわからなかったけど、ぼちぼち大丈夫かな。

6/8って小学校1年から2年あたりか。

LAROUSSE DÉBUTANTS 6/8

» 記事の続きを読む

読解編 第十五回 復習1

ビデオが届いたので受講した。きょうは前半部分の復習

感想:未来時制を「~だろう」と機械的に訳している部分はあったと思う。今回の狐のセリフに意志はけっこう入れていたけれど、命令や、希望といったニュアンスはくみとれていなかった。

» 記事の続きを読む

読解編 第十五回の予習

ここはキツネが星の王子さまに「飼い慣らして(絆を作って)」と頼む有名な箇所。

私の和訳公開してます。字が汚いから読めないと思うけど。誤字脱字、すみません・・・

» 記事の続きを読む

読解編 第十四回 授業の感想

読解編第十四回のビデオを見た。きょうは感想だけ書いておく。

ここは、第20章の全体。星の王子さまが、自分の星に一つしかないと思っていた薔薇が、ある家の庭に大量に咲いていてびっくりするところ。そのあと、自分の星には小さな火山が三つあるだけで、しかも一つは休火山。情けない、といって草むらにつっぷして泣く場面。

» 記事の続きを読む

読解編第十四回の予習

読解編第十四回の予習プリントが届いたのでやった。なんと、いきなり第20章まで飛んでしまった。ま、それはいいのだが。この箇所は難しい。まず構文が難しい。しかし、それ以上に難しいなあと思ったのは下線部3に書いてあること。ここは、なんですかね。なんか、ずいぶん濃い恋愛小説のよう。

» 記事の続きを読む

読解編第十三回復習2

読解編第十三回後半の復習をした。

これはgriffonerの派生語(どっちが先が今ひとつわからん)のグリフォン。
ギリシャ神話で、頭と翼はワシ、ドウはライオンの形をした怪物。グリュプスとも呼ばれる。
これは可愛いといえば可愛いけど、
グリフォン1

これはいかにも怪物。
グリフォン2



Ch2.16
殴り書き部分は、三つ知らない単語があったのだが、推測できた。

Je veux un mouton qui vive longtemps.
接続法に気づかなかった。

» 記事の続きを読む

読解編第十三回の復習1

読解編第十三回、前半の講義部分の復習をした。

文章を読むときの呼吸13 動詞の意味

◆西洋語の動詞は、日本語のそれよりも、文中で担う役割が多い。訳すときは辞書の訳にとらわれないで、文脈、目的語などから意味を決めるとよい。

» 記事の続きを読む

読解編第13回の感想

読解編第13回のビデオが届いたので見た。音読してたら時間がなくなったので、きょうは軽く感想だけ書いておく。

動詞の意味のとり方と強調構文がテーマであった。

きょう学んだこと:
動詞に関しては文脈、特に目的語から意味を考え、そのさいあまり辞書の訳にはとらわれないほうがよい。


» 記事の続きを読む

読解編第十三回の予習

第十三回の予習プリントが届いたのでやった。第2章の一番最後。

» 記事の続きを読む

Copyright © penの語学と日常日記 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます